首页 > 找歌词 > 真夏のサイダー (盛夏的汽水)歌词_DAOKO (ダヲコ)

真夏のサイダー (盛夏的汽水)歌词_DAOKO (ダヲコ)

发布人  jita123    时间  2022-08-24 09:22:56    浏览数 31    评论数 0

日本歌曲真夏のサイダー (盛夏的汽水)由DAOKO (ダヲコ)歌手演唱,以下是这首歌的歌词:

真夏のサイダー – DAOKO (ダヲコ)
揺らいだカウンターの隙間から
輝いた君の寝顔
天使のチアリング
昨夜のシャンプーの香り
風に乗って僕の元へ
不意にお届け
長いまつげにドキドキ助けて
触れれば割れちゃう
シャボン玉のような
儚い表情君はする
すぐ触れない感情は愛情に
無邪気な意地悪がなんだか
意識癖になる
悪戯な笑顔で僕を困らせて
ひたすらに愛をつづる
7月の学校
二人で飲んだサイダーは
甘く爽やかに喉をかけた
首筋伝う汗はまるで
ダイアモンドみたいで
放課後教室赤く反射する黒板
焦げて熱くなるつないだ手
二人だけの秘密だね
聴こえる吹奏楽部の練習の音
奏でるハーモニーに乗せて
僕達のフィーリング
ゆらゆら揺れてる
踊り場で歌う恋の歌
耐え難い日差しに目が眩む
描くlove
真っ赤なジェラシー燃やして
僕のハートにメガトンパンチ
メガホン片手小声で愛を叫ぶ
君が微笑む顔を見る度
僕の世界に色がつく
君が泣いてる顔を見る度
僕の世界に雨が降る
潤い彩る君は魔法使い
ドキドキしちゃう
魔法かけたでしょう
二人で飲んだサイダーは
甘く爽やかに喉をかけた
首筋伝う汗はまるで
ダイアモンドみたいで
屋上に行こう食堂行こう
行動始動早いもん勝ち
駆け登る階段息切らし
想像以上に青い空の下
向こうに見える高層ビル群が
人生のガイダンス語るアイラブ
二人で飲んだサイダーは
甘く爽やかに喉をかけた
首筋伝う汗はまるで
ダイアモンドみたいで
放課後教室
赤く反射する黒板
焦げて熱くなるつないだ手
二人だけの秘密だね
二人で飲んだサイダーは
甘く爽やかに喉をかけた

此收录仅供吉他爱好者交流学习,本文地址:https://www.wjita.com/75497.html

发表评论

要发表评论请先
推荐